モチベーションアップ研修

モチベーションアップ研修について

モチベーションアップ研修について詳しくご案内いたします。

 

営業マンにとってやる気は、売れるかどうかの重要なバロメーター。
営業部署においても、新人営業マンがベテラン営業マンの成績に勝つことがあるのは、間違いなく「やる気」や先入観の無さが影響しています。

 

当社の営業研修は、ベテラン営業マンであったとしても、新鮮にフレッシュな気持ちで、やる気がみなぎってくる、アウトプット型の研修を実施しています。

 

当社には、他にもセールストーク研修や行動力アップ研修も人気メニューとしてありますが、この研修がベースにあり相乗効果を生み出しています。組み合わせての受講を推奨いたします。

 

営業部隊が活性化することが、企業にもたらす効果ははかりしません。
「営業に不向きは人はいない」というのが当社のモットーであり、成果を出す秘訣でもあります。

 

モチベーションアップ研修の特徴

長く安定して継続するモチベーション

モチベーションにも様々な種類がありますが、一般的に知られているのは「報酬のモチベーション」と「恐怖のモチベーション」です。

 

報酬のモチベーションは、売れたらコミッションが手に入る。社内の評価が上がるといったモチベーションです。とても分かりやすいモチベーションですが、デメリットとしては、欲望に限界はないため、場合によっては、自分のことしか考えないセールスパーソンになってしまうという点です。

 

そして、もう一つの「恐怖のモチベーション」は、売れなければお給料に影響がある。上司に叱責されるというモチベーションです。このモチベーションは即効性がありますが、頻発していると、営業マンの皮膚感覚がマヒし、通用しにくくなるというデメリットがあります。

 

これらのいずれでもなく、長きにわたり続くモチベーションは、「お客様に喜んで頂く」というモチベーションです。このモチベーションを高める方法さえ習得することができれば、安定して上昇傾向を維持できる「売れるセールスパーソン」になることができます。

景気に左右されないセールスパーソンを養成

営業パーソンにとって、顧客からの断わりは、モチベーションに大きな影響を与えます。仮に、「お客様に喜んでいただくため」に真剣に営業をしていたとしても、一瞬で落ち込んでしまうことがあるぐらい影響力のある要素です。

 

しかしもし、お客様に断られたとしても、むしろ「やる気が出てくる」セールスパーソンになれたとしたらいかがでしょうか。

 

当社は、営業パーソンのあらゆる壁を熟知しています。
お客様からの断わりに対し、無理に克服するのではなく、自然とやる気を出し、発奮する方法も研修にて提供させて頂いております。

 

断わりの数が増えればふれるほど、売れるセールスパーソンへ近づくことも十分可能です。
企業によって景気の変動は業績に影響を与えると思われがちですが、営業活動においては、多少の不利な条件であったとしても、お客様にこちらの提案を採用頂くことは十分可能です。

 

今の時代、景気や業界の動向にも左右されない強いセールスパーソンの養成が求められています。